事務所のイメージからキッズモデルのエントリー先を決める

女性

オーディション対策

女の子たち

キッズモデルになるには、まずタレント事務所のオーディションを合格することになります。自己PR映像や、写真など売り込むための勝負アイテムには、しっかりこだわってエントリーしましょう。

詳細

事務所のイメージ

スタジオ

キッズモデルにもいろいろなキッズモデルがいます。0歳児から1歳児程度の年齢なら、パンパースや粉ミルク、赤ちゃん遊具やベビー用品などで雑誌やCM起用される赤ちゃんモデルをしている子もいます。キッズ向けの洋服やおもちゃ、写真素材などの仕事をするキッズモデル、少女向け雑誌やファッション誌などで活躍するアイドル系統のキッズモデルなどもいます。なりたいタイプから、オーディションを受けるタレント事務所を探すのも良いでしょう。そのタレント事務所でデビューしているキッズモデルの印象や仕事内容から決めるのもオススメです。CMやタレントの仕事をしたいのであれば、そうした仕事を多く扱っているタレント事務所を探しましょう。ファッション誌や雑誌の写真に出したいのであれば、そうした仕事を主に扱っているタレント事務所にエントリーします。仕事内容は、タレント事務所のサイトや募集要項ページなどで見ることもできます。まずは仕事内容を見ながら、どういった仕事になるのか子どもと話して考えてみましょう。交通費やタレント事務所の所属費など、コストもかかるのでサポートする時には可能な範囲かなども契約情報から確認が必要です。子どもの夢を応援するには、それなりの経費を準備することになります。また、子ども自体も、仕事で飛び回ることになると満足に学校に通えないこともあるでしょう。勉強を遅れさせないための塾や、家庭教師などが必要になる可能性もあります。しっかり決めたら、今後の見通しを立ててエントリーしてみてはいかがでしょうか。

身内イベントにも呼べる

5人の女性

町内会イベントや結婚式、家族のお祝いにも芸能人をキャスティングすることができます。サプライズゲストや審査員、盛り上げ役などに芸能人を呼んでみてはいかがでしょうか。専門のキャスティング業者に相談してみましょう。

詳細

審査でチェックされる点

マイクを持つ女性

ボーカルオーディションの審査でチェックされるポイントを把握して、効率的にオーディション攻略を目指しましょう。自分の強みや勝負所を把握して、ニーズに合った売り込みを行ないましょう。

詳細