事務所のイメージからキッズモデルのエントリー先を決める

男女

オーディション対策

女の子たち

キッズモデルになるには、タレント事務所のオーディションを攻略することが必要です。オーディションの審査では、まず書類選考が行なわれます。この時点で落とされないためには、写真にはしっかりこだわりましょう。キッズ撮影専門のスタジオや写真館などでしっかりと質の高い写真を撮るようにします。ピンボケ、光源による顔の暗さや見え方は、印象を悪くします。タレント事務所に売り込むための、最初の入り口なのでその点はしっかりこだわっておきましょう。そのほか、エントリーシート以外にも動画やビデオなどで審査をする場合もあります。見え方や、カメラ配置などにこだわって映像を撮ると良いでしょう。伸びしろを感じられることが重要なので、人気の子役やキッズモデル、その事務所のキッズモデルなどの系統から好まれる要素を把握して取り入れた自己PRを作ると良いでしょう。タレント事務所に入って後、キッズモデルデビューしたらどういった使い道があるかを示すことが、オーディション攻略のポイントです。いくつかのオーディションを受けてみることで、どういった要素が必要とされているのか、何が足りないのかを冷静に判断することもできるでしょう。着実にキッズモデルにするのなら、ライバルから学ぶことで足りない要素が見えてきます。オーディションに落ちても、落ち込まずに、採用されたキッズモデルの良かった点を見習って次に生かすようにしましょう。最初のオーディションよりもずっと魅力的にプロデュースすることができるようになります。