事務所のイメージからキッズモデルのエントリー先を決める

男女

審査でチェックされる点

マイクを持つ女性

ボーカルオーディションの審査でチェックされているのは、まず外見やパフォーマンスです。かなりの美人じゃないと受からないというわけではなく、キレイにしておくことが必要です。清潔感とトータルでの雰囲気にこだわって、見た目を作りこみましょう。ボーカルオーディション前には、体や肌のコンディションをしっかり整えて、自分を上手く魅せる方法を学んでおくことです。極度の猫背や歩き方の癖が強いなども、印象が悪くなるので、ボーカルオーディション前には、矯正しておきましょう。このポイントと服のコーディネートに注意しておけば、最初の見た目の関門をクリアすることができます。見た目の個性重視で乗り込むのは、オーディション段階では得策ではないでしょう。次に、ボーカルオーディションで、注目されるのが、声質、声量と音域です。どのような音楽にもマッチしやすい声は、プロデュースで七変化します。プロデューサーや、楽曲提供する人も表現者ですから、自分の色をいかにボーカルやその曲に反映できるかに注目します。ボイスレッスンでは、どのようなニーズにもこたえられる技術をつけるのを優先にしましょう。音程や音域、声量を意識して調整ができる正確さを学んでおくと、ボーカルオーディションで合格しやすくなります。曲調や雰囲気に合わせて、歌い方、音域、自分の雰囲気を変えられる万能性の高いアーティストは長く人気も続きます。ただし万能性以外でも、センスがかなり良く、ほかにないオンリーワンなスキルを持っている人の場合は、別枠としてすんなり合格することもあります。どこで勝負するのか、自分の強みを考えてオーディションを受けてみましょう。